清瀬市に対応しているポスティング業者紹介の清瀬市ポスティング.com|清瀬市の地勢

「清瀬市ポスティング.com」のサイトに関するお問い合わせ電話番号

清瀬市あれこれ

清瀬市の地勢

清瀬市の地勢の写真

 清瀬市の地形

武蔵野台地の東北端手前約15km付近の平坦部に位置しています。市域は、約6.5km×2kmの狭長の地で、その長軸は台地の傾斜と向きを同じくし、西高東低の地形をなしています。標高は、西方の竹丘(たけおか)地区で65m、北東の下宿(したじゅく)地区で20mと、6.5kmの間に45mの標高差があります。市域北部を流れる柳瀬川によるわずか沖積低地があるが、それ以外は洪積台地が占めています。

また、柳瀬川に沿う中里(なかざと)、下宿地区は、柳瀬川の低地より5~10m高く、清瀬旭が丘団地付近の台地よりも10~15m低い標高25~30mのテラス状になっており、下清戸(しもきよと)、中清戸(なかきよと)、上清戸(かみきよと)地区から西武鉄道池袋線周辺の市街地へと続く広範な台地となっています。団地北側の崖面からみると、6mほど関東ローム層が堆積し、その下は武蔵野礫層が堆積しています。

清瀬市の町丁図

清瀬市の町名地図

 清瀬市の町名

  • 旭が丘
  • 梅園
  • 上清戸
  • 下宿
  • 下清戸
  • 竹丘
  • 中清戸
  • 中里
  • 野塩
  • 松山
  • 元町